ポーランドメディアが日本のドローを総評「マリ戦で大きな成果を得たとは言えない」

ワールドカップで日本と対戦するポーランドの地元メディア『Przeglad Sportowy』が日本対マリの一戦について報じた。

23日に行われたマリ戦で、日本は前半にPKから先制点を奪われるも、後半アディショナルタイムに代表戦初出場の中島翔哉が劇的な同点弾を挙げ、1-1のドローで終えた。この結果を受け、同メディアは「我々のライバル日本は辛うじて引き分けた」と題して、この試合を総評した。

同記事によると「ヴァイッド・ハリルホジッチは、クラブでの出場機会が少ないとの理由で数名の主力を外し、試験的な要素の強い11人をピッチに送り出したが、チームは低調なパフォーマンスに終始し、マリ相手に引き分けた」とチームが十分に機能していなかったと分析。

さらに、ポーランドでプレー経験のある森岡亮太について「リョウタ・モリオカはチャンスを得たが、シンジ・カガワやヒロシ・キヨタケが復帰すれば、忘れられる存在になりかねない」と言及。また、前半のPKについては「不運だったかもしれないが、軽率なプレーで、トモヤ・ウガジンには2枚目のイエローカードが与えられるべきだった」と酷評した。

そして、最後に「代表デビューのショウヤ・ナカジマが試合終了直前に同点弾をマークしたものの、実験的なメンバーで挑んだ日本が大きな成果を得たとは言えない」とまとめている。