日本代表DF昌子源、レギュラー奪還に闘志燃やす…目標はチームを「勝たせられる選手」になる

9日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に臨む日本代表。ディフェンスリーダーとなる鹿島アントラーズDF昌子源が、レギュラー奪還に向けた意気込みを語った。

鹿島は今季のリーグ戦最終節で川崎フロンターレに逆転優勝を許した。それから1週間が経過したが、「Jリーグのことはもう忘れ、切り替えました」と語る昌子は、自身のコンディションについても「すごいいい」と語る。練習では終始、先頭に立ってランニングをした昌子。日本代表のキャプテンについては「意識してないです」と否定しつつ、「チームではキャプテンマークを巻いていないですが、鹿島でもずっと先頭を走ってます。海外組がいる中でも極力、先頭を走ろうと意識はしてます。なかなか先頭に立てないですけど」と笑みを浮かべ、「僕はそういうタイプだと思っているので、それをこの合宿でもやるだけ」と続けた。

今大会は海外組の招集はないため、DF吉田麻也(サウサンプトン)は不参加。また、浦和レッズがFIFAクラブワールドカップに出場するため、DF槙野智章の招集も見送られた。日本代表のレギュラー争いでは、この2人にリードを許しているが、その点については「(吉田)麻也くんや槙野くんのプレーを見て、学ばなければいけないことが、たくさんあった」と話す。具体的には「ファイターっすよね」と語り、スライディングの多さやインターセプトを狙う姿勢、相手との駆け引きなどを挙げた。

今大会では「3つ勝って優勝する」ことを目標に掲げる昌子。個人のアピールも重要だが、「チームがまず勝つことを考えたら自然といいプレーができる」と、あくまでもチームの勝利が重要との考えを示す。その上で、「(小笠原)満男さん、(中村)憲剛さん、(中村)俊輔さん、そういう人が浮かぶ」という、チームを「勝たせられる選手になりたい」と、自身の目標を語った。