ジュビロ磐田、2015新ユニフォームはさりげなくクラブエンブレムをデザイン

鹿島アントラーズに次ぐJ1優勝3回(鹿島は7回。3回は他に横浜F・マリノス)。Jリーグを代表するクラブの一つ、ジュビロ磐田のJ2降格は、2013年の日本サッカー界における大きなトピックであった。 それでも、新監督に大分トリニータで実績を残したペリクレス・シャムスカ氏が就任し、前田遼一、駒野友一、伊野波雅彦という日本代表クラスが揃って残留。さらに、松井大輔やポポなどが加わった2014シーズン、チームは当然のように上位争いを展開。首位を快走する湘南ベルマーレを追いかけていた。 しかし、チンガの加入を受けて7月に山田大記がドイツへ渡ると(その後、カールスルーエと契約)、いきなり東京ヴェルディ、横浜FCに連敗。重要な歯車が欠けたチームは特に失点が増加し、9月にはシャムスカ監督が解任。OBの名波浩氏に白羽の矢が立ったものの、監督交代後も2勝5分2敗と停滞。最終節でジェフ千葉に抜かれ4位に転落した結果、モンテディオ山形との昇格プレーオフ準決勝で、GK山岸範宏の劇的弾により一年でのJ1復帰を逃すこととなった。 名波監督が引き続き指揮を執る今季、15年間在籍した前田がFC東京へ移籍。逆に元磐田のMF上田康太(大宮)、MF太田吉彰(仙台)が復帰している。 Júbilo Iwata 2015 Puma Home 19日に新体制発表記者会見を行った磐田は、2015シーズンの新ユニフォームを発表。(写真:プーマジャパン、ジュビロ磐田) 伝統のサックスブルーのホーム(1st)は、濃淡によるボーダーラインが特徴。 胸スポンサーロゴの上下には、クラブ名とともに年間王者に輝いた「1997」「1999」「2002」をラインとして配し、ジュビロの歴史を表現している。 正面にはクラブのエンブレムから、クラブキャラクターであるサンコウチョウと、その鳴き声「ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイホイ」に因んだ月・日・星をデザイン。 さりげない透かしが良いアクセントになっている感じだ。 Júbilo Iwata 2015 Puma Away アウェイは定番の白。よりシンプルなボーダー柄を採用することでクリーンなイメージに仕上げている。 こちらにもホーム同様、3度の年間王者を表したグレーのラインが見える。 ちなみに、肩から袖にかけてのラインは 川崎フロンターレや清水エスパルス、セレッソ大阪の新ユニフォームにも見られる、Pumaの伝統として取り入れられた2015モデルのベースデザイン「アパレルフォームストライプ」。 GKモデルは、赤のホーム、黒のアウェイ、黄色のサードというラインナップ。いずれもホームと同じテンプレートを使用しており、Vネックにボーダーライン、エンブレムの透かしも入っているようだ。 ユニフォームスポンサーは、胸の「ヤマハ発動機」、背中の「サーラグループ」、袖の「浜松ホトニクス」が継続。昨年一年「静岡新聞」が入っていたパンツには、2013シーズンのパンツスポンサーである「チェンジ」が復帰している。 FP用は22番。今季もキャプテンは松井ということだろうか。GK用の29番は、クラブ生え抜きで昨年U-21日本代表としてアジア大会にも出場した194cmの大型守護神、牲川歩見(にえかわ あゆみ)。

Read More

マンチェスター・Uが2015-16新サードユニフォームを発表!

ルイス・ファン・ハール監督就任2年目のマンチェスター・ユナイテッドは今季、プレミアで開幕から2勝1分と無敗。3戦連続完封とここまでは守備面が目立っており、CLプレーオフでもクルブ・ブルッヘを相手に3-1、4-0と連勝で無事本選出場を決めている。 そのユナイテッドが27日、2015-16シーズンの新サードユニフォームを発表。 Manchester United 2015-16 adidas Third ホーム、アウェイに続いて登場したサードは、黒を基調にしたデザイン。 adidasが以前サプライヤーを務めていた時期の1990-92アウェイで使われた独特の模様を透かしとして取り入れている。 パンツにはより大胆にこのパターンを採用。グラデーションからの白ソックスという組み合わせは先日発表されたチェルシーの2015-16サードと共通だ。 パンツ番号などアクセントとして使われている赤がかなり印象に残る。

Read More

札幌のユニフォームが「北海道新幹線」に!5年ぶりの函館開催を記念

14節が終了したJ2、首位を走るのは今年から名称を変更した北海道コンサドーレ札幌だ。 オフに目立った補強があったわけではないが、ここ7試合6勝1分という快進撃で首位を奪取。得点はいずれの試合も1であり、この堅守には数少ない新戦力であるDF増川隆洋も貢献している。 明日28日は暫定5位につけるレノファ山口との上位対決。山口は現在J2屈指の攻撃力を誇るだけに、札幌にとって今後を占う一戦となりそうだ。 Hokkaido Consadole Sapporo 2016 Kappa ‘Hakodate’ 上記の通り名称に「北海道」を入れた札幌は、今年5年ぶりに函館市でのホームゲームを開催。函館といえば3月に北海道新幹線が開通したホットなエリアで、そこにクラブ創設20周年も絡めた記念ユニフォームが26日に発表された。 デザインはクラブ伝統の縦縞をベースに、北海道の大自然を表す緑と北海道を代表する花、ライラックやラベンダーを思い起こさせる紫、そして雪の白という大胆なカラーリング。ずばり、北海道新幹線をイメージしたカラーである。 背面にはさりげなく北海道のシルエット。カラーリングと絶妙にマッチしている。 この20周年函館開催記念ユニフォーム、7月3日に函館市千代台公園陸上競技場で行われるJ2第21節、横浜FC戦で着用される予定。クラブコンサドーレ会員限定の先行予約は、本日27日から31日までクラブオフィシャルショップなどで行われる。

Read More

ジュビロ磐田、2017新ユニフォーム ホーム を発表!10番は中村俊輔

ジュビロ磐田の2016シーズン、3年ぶりのJ1で年間13位という成績だった。 前季のJ2得点王ジェイ・ボスロイドは、度重なる負傷離脱で21試合の出場にとどまりながら14ゴールを記録。チームは日本代表MF小林祐希が8月にヘーレンフェーンへ移籍した影響もあってか2ndステージに失速したが、J1復帰1年目でまずは残留という結果を残した。 そして今季、噂されていた元日本代表MF中村俊輔の加入がついに決定。ジェイが抜けた前線には日本代表FW川又堅碁(名古屋)を補強し、他にもウズベキスタン代表MFフォジル・ムサエフ(ナサフ・カルシ)、DF高橋祥平(神戸)、MF松本昌也(大分)らを獲得している。 中村は既に10番を背負うことが明らかとなっており、就任4年目の名波浩監督がどのようなチームに仕上げてくるのか注目される。 Júbilo Iwata 2017 Puma Home その磐田が発表した2017シーズンの新ユニフォームは、お馴染みの「サックスブルー」にこれまでよりも明るい色を採用。 肩から袖にかけて入れられたPuma伝統のアパレルフォームストライプにドットプリントを取り入れているが、シンプルなデザインが特徴だ。  

Read More

日本代表、ロシアW杯に向けた新ユニフォームを発表!コンセプトは『勝色』

今年2018年、ロシアの地で6度目のワールドカップに臨む日本代表。 今週からブラジル(10日)、ベルギー(14日)という世界的な強豪と対戦する彼らの新しいユニフォームが6日に発表された。 Japan 2018 adidas Home 今回の新ユニフォームは、6大会連続で出場するワールドカップを戦うにあたって、勝利への魂で染め上げた『勝色』をベースカラーに採用。 勝色(かちいろ)とは、日本の伝統色である深く濃い藍色のこと。武将たちが戦いに挑む際に身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、もっとも濃い色とされている。そして、その勝色の深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝わっている。 この伝統的な『勝色』をホームユニフォームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、来年のワールドカップでの勝利をイメージしている。 目を引くのは、日本サッカー協会(JFA)の新しいエンブレムが輝く前身頃に入れられた、独特の模様だ。 これは、歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」。2018年は、ワールドカップ初出場から20年を迎えた節目の年であり、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーターたちの想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められている。

Read More